【子育て中のイライラにも】砂糖断ちがおすすめな理由と方法

 

チョコぷりん
チョコぷりん

甘いものは美味しですよね〜。

甘いものとコーヒー!最高の組み合わせです。

日頃の子育ての疲れや様々なストレスを解消するために、甘いものに頼っている方

意外と多いのではないでしょうか。

はい!以前の私です!!

 

新米ママ

分かります〜〜

家事育児の合間のご褒美的な感じで。

至福のひと時ですよね〜

 

チョコぷりん
チョコぷりん

甘いものって、食べた瞬間なんとも言えない幸福感がありますよね。

でも、一旦あまーい世界に魅了されてしまうと

なかなか抜け出せなくなるので危険です。

 

新米ママ

え!どんな危険があるんですか?!

今のところあまり自覚がないんですが。。

 

私の過去の体調不良+イライラの数々は、【甘いもの】なくしては語れません。

 

そこで今回は、

甘いものが苦手だった私が甘党になり

体調不良をきっかけに、砂糖断ちをするまでの経験をもとに

 

砂糖断ちをおすすめする理由とその方法
✔5年経った現在の状況

をお話させていただこうと思います。

砂糖断ちは一筋縄ではいきません。

でも、

確実に体調は改善されます!

注意点!

ゆるりと気長に が鉄則です!

 

我が家が砂糖断ちを始めたのは今から5年前

気がついたら あれ?

冷えにくくなってる? 便通が! 肌荒れが! 疲れが!

と嬉しい結果がやって来ています。

砂糖の中毒性

私はもともと甘いものが苦手でした。

ですが、職場の上司が毎日スイーツを差し入て下さったことがきっかけで、

少しずつ甘いものの魅力取り憑かれていったのです。

 

チョコぷりん
チョコぷりん

毎日部下に差し入れって

よく考えたらなんて良い上司!!

最初の頃は、甘党さんの同僚にこっそりあげたり自宅に持ち帰ったり。

その後は、持ち帰ったケーキやドーナッツを母と一緒に食べるようになり

(この辺りから〜じわじわときていますね。)

お付き合いした方が甘党さんだったり

いろいろ重なりましたが

やはり白砂糖には中毒性がありるのには間違いなさそうです。

3年も経った頃には、バッグの中と職場の机の引き出しの中には必ず何かしら甘い物たちが入っていました。

一番のお気に入りお菓子は、アーモンドチョコ!

砂糖漬けだった頃の状況と私の体調

7年勤めた職場でしたが、結婚妊娠を機に退職。

退職後も引き続き甘い物づけの日々でした。

妊娠中だというのに、今考えると恐ろしいです。

しかもそれは出産後も変わらず続いたのです。

母乳をあげているというのに、何ということでしょう。

 

チョコぷりん
チョコぷりん

甘いものが手放せない生活は、なんと2人目の出産後まで続きました。

当時食について学び始めていたので、白砂糖が体に及ぼすであろう影響は知っていました。

なのに、なかなか甘いものが頭から離れないのです。

脳に刻み込まれているような感覚です。

当時の私の体調
  • 毎日疲れている
  • 抑えられない苛立ちが多い
  • とにかく冷える
  • 便秘

 

砂糖断ちをするためにしたこと

食について学び始めてからというもの

我が家からは今まで普通に買っていた食べ物たちが姿を消しました。

まず甘いもの代表◎お菓子&ジュース

その他
◎カップ麺やレトルト食品
◎缶コーヒー
◎さしすせそ以外の調味料類
◎添加物多めの加工食品
◎砂糖

当時、甘みにはメープルデーツシロップを中心に使っていました。

甘酒も活躍しました。

 

チョコぷりん
チョコぷりん

一気になくしたので、家族は大変だったかもしれません。

申し訳なかった〜。

我が家の場合は、家族も全員巻き込みました。

娘はもう幼稚園生だったので、お友達の食べているお菓子を食べたがることを

避けることができず苦労しました。

私が抑制するのでさらに食べたがりました。

パパの実家に帰省した際には、今までに口にしたことのない量のお菓子やジュースを目の前に、気絶寸前でした。

子供とお菓子の問題は、しばらく続きました。

私はというと、無理矢理「甘いものをやめる!」と頑張りすぎていたので、

せっかくお土産などで頂いたスイーツにイラッとしたり(ほんと良くないこういうの)

どうしても食べたくて自分でお菓子を作りまくって食べる、、、

というよくわからない状態に陥ったりもしました。

 

5年経った現在の状況と私の体調

結局たどり着いたのは、

「無理はしない」 

 

  • どうしても甘いもの欲する時は、我慢せずに食べる。
  • 子供が食べたがったお菓子も、我慢させすぎない。
  • 代用できる物を用意しておく。

娘にも息子にも、説明した上で少しずつ自分で決めさせるようにしました。

もちろん初めはうまく判断できず何でも食べていました。

でも6年生になった娘は、自分で判断できるようになってきています。

息子は既に驚くほどセンサーがよく働き

「今日は体が甘いものなじゃない。」と言います。

やはり、無理をさせなかった息子のほうが早い。

 

チョコぷりん
チョコぷりん

私も、気がつけばかなり砂糖を抜いた生活になってきました。

甘いものが嫌いになった訳ではないので、うっかり以前のように食べると

体が重く怠くなってしまいます。

なので甘さは他のものでいただくようになりました。

食べ方も変わりました。

本当に少しずつ 少しずつの変化です。

〜最初の頃 〜

    • コーヒーに豆乳か牛乳+メープルシロップ
    • パンにココナッツオイルなどのオイル+バナナメープル
    • ヨーグルト+きなこメープル
    • 自然食品店などで買った甘さ控えめであろうお菓子
    • 以外は絶対に食べない!(これは良くなかった〜)

〜現在〜

  • コーヒーに豆乳【ソイラテ】
  • ナッツ類
  • デーツ
  • たまに子供がお菓子を食べる時に、楽しく一緒に食べる!
  • 頂いたお土産なども食べる!
  • iHerbなどで子どもたちのお菓子をまとめて購入
    たまに目新しいお菓子がやってくると飽きが来ないので!

 

 

チョコぷりん
チョコぷりん

とにもかくにも白いお砂糖は、ハマったら止まらなくなるということです。そして無理矢理やめようとすることはストレスになる可能性があります。体にも精神的にも良くないですね。

だから早い段階で、満足できるモノを色々と探しておけたら良いのかなと思います。

 

〜現在の体調〜

  • 原因不明のイライラが減った
  • 冷え改善
  • 便秘解消
  • 肌荒れ改善
  • 疲れにくくなった
  • よく眠れるようになった
  • 甘いものを食べ過ぎると体が重くなる(?)感覚がある

 

チョコぷりん
チョコぷりん

体のセンサーが正常に働き出すと、勝手にバランスを取れるようになってくるのだと思います。

 

今回は、【甘いもの】に焦点を当ててお話させていただきました。

あくまでも、私の経験談です。

無理せず試してみるのも悪くないと思います。

子育てと一緒かもしれませんね。

無理はしない!

くらし
チョコぷりんをフォローする
チョコぷりん

40代 小学生2人の母。完璧主義で繊細さん。
空を眺めることとコーヒーを飲んでいる時間が大好きです。
時間に縛られることが苦手。
現在の趣味は食について学ぶこと。子供と一緒に英語を学ぶこと。
教育にも興味あり。
笑顔あふれる家庭が増えることを願って、子育ての中で得た学びを発信中です。

チョコぷりんをフォローする
mamablog

コメント

タイトルとURLをコピーしました