【簡単すぎるレシピ】夏休みに活躍 夏野菜レシピ5選

こんにちは。

チョコぷりん
チョコぷりん

長い長い夏休み。
皆様いかがお過ごしですか?

緊急事態宣言の出た地域では特に、以前に比べて自宅で過ごす時間が長くなったのではないでしょうか。

そんな中

☑毎日、毎食、食事を作るのが大変。

☑メニューを考えるのも大変。

☑キッチンは暑いから食事の準備も一苦労。

☑次々に洗い物が出るのも負担。

☑さっぱりメニュー、手抜きご飯ばかりで栄養が偏らないか心配。

「毎日の食事作り」

家族の健康を考えるママだからこその、お悩みではないでしょうか。

できる限り負担を減らして、健康で楽しい夏休みにしたいですよね!

夏野菜には、夏を乗り切るための栄養がたくさん入っています。
そのパワーを持っています。

夏には夏のお野菜を!ということで
夏野菜メインの超簡単レシピをご紹介します。

 

チョコぷりん
チョコぷりん

今回は、

大葉 ピーマン オクラ きゅうり トマトを使ったレシピです。

 

夏休みに限らず、毎日の食事作りがグッと楽になるレシピばかりです。
工程は以下の通りです。

✔切る+和える
✔切る+炒める
✔切る+蒸す
✔切る+茹でる+和える

メニュー紹介

🍅大葉とウインナーのチャーハン
🍅ピーマンと玉ねぎの焼肉のタレ炒め
🍅オクラ納豆

🍅きゅうりの梅しらすあえ
🍅トマト素麺

どれも超簡単 洗い物も楽になる

そんなレシピです!

 

大葉チャーハン

材料
大葉
ウインナー
ごはん
醤油

作り方
1:大葉とウインナーを食べやすい大きさに切る

2:ウインナーを炒める

3:2にご飯を入れる

4:大葉を入れ、全体をざっと炒め合わせる

5:最後に醤油とお塩で味を整える

 

<ポイント>
お子様には、大葉やみょうがなどの香草は炒めたものを先に食べさせると抵抗感をなくします。

その代わり味付けはシンプルに。ちゃんと香草の味が感じられる程度にします。

 

ピーマンと玉ねぎの焼肉のタレ炒め

材料
玉ねぎ
ピーマン
焼肉のタレ

作り方
1:玉ねぎとピーマンをお好みのサイズに切る
  (おすすめは、玉ねぎやや厚めのスライス ピーマン縦に細切り)

2:玉ねぎ→ピーマンの順に炒める

3:焼肉のタレで味付けする
  
最後に蓋をして2〜3分放置すると、蒸されて野菜が良い具合に柔らかく甘みも出てくる。

この時タレの味がお野菜に染み込む。

 

<ポイント>
生肉を扱う工程をなくしたので格段にはやくできます。焼肉のタレ効果でお肉がなくてもご飯が進みます!

肉っけが欲しい場合は、ウインナー缶詰のお肉やお魚、魚肉ソーセージツナ、とにかく生は使いません。

 

オクラ納豆

材料
オクラ
納豆
麺つゆまたは醤油
お好みでごま油

 

作り方
1:オクラをお好みの柔らかさに茹でる

2:納豆 麺つゆまたは醤油と和える
  (お好みでごま油を少々入れる)

 

<ポイント>
ご飯や麺類と一緒に食べたり冷奴にのせたり、食べ方は色々です!

もちろんそのままでも♪

 

きゅうりの梅しらすあえ

材料
きゅうり

しらす

 

作り方
1:きゅうりをスライサーなどで薄く切る

2:刻んだ梅干しと釜揚げしらす(しらす干しでも)を和える

 

<ポイント>
このままでも梅としらすの味で十分いただけますが、お好みで塩や醤油を少々入れても。

ここに刻んだ大葉を入れたも美味しいです。

粉チーズを入れるとまた違ったテイストになります。

 

簡単トマト素麺

材料
素麺
カットタイプのトマト缶またはトマト
麺つゆ
ツナ缶

 

作り方
1:素麺を茹でる

2:カットしたトマト(またはカットトマト缶)とツナを和える

(オイル無しタイプの場合はスープごと。オイルタイプはお好みで)

3:冷やした素麺に2をのせて、麺つゆ(希釈したもの)をお好みの量をかける

 

<ポイント>
トマトとツナは食べるときに好きなだけのせながら食べてもOK!

ママは素麺を茹でるだけ! 

お子さんができそうであればどんどんやってもらいましょう!

 

生肉 生魚を使わないメリット

チョコぷりん
チョコぷりん

夏休みはなんといっても長い!毎日3食作るのは本当に大変です。

前述の通り、今回のレシピでは生肉や生魚は一切使いません。

大きな理由としては以下の3点です。

  • 夏場ということもあり生ゴミが出ると厄介。
  • 生肉や生魚は処理に時間がかかる。
  • 処理に使った調理器具等の洗い物に手間がかかる。

 

これらがクリアされると料理が格段に楽に、そして早くできます!

メリット
  • 缶詰は保存がきくので、非常用に常備しておき賞味期限が近づいたものから消費できる。(ローリングストック法
  • 賞味期限のチェックにもなるので一石二鳥。
  • ウインナーは冷凍OKだから便利。
  • 肉魚の加工食品は、焼く 蒸す レンジでチンだけで 一品完成。
    これにご飯+③や④があれば十分です。

 

私のように「加工食品は添加物などがちょっと気になる」という方は、

こちらの会社の冷凍食品もお薦めです。

 

https://www.akikawabokuen.com

 

http://www.nikkofood.co.jp

 

今日は疲れてるな、、、作るのがしんどいな、、、。

そんな時のために、いつもの冷凍食品の一部を安心食品に置き換えて、

用意してみてはいかがでしょうか。

楽天やアマゾンからも購入できます。

実際に使っている商品については、インスタグラムで発信しはじめましたので、

興味のある方は覗いてみてくださいね〜。

https://www.instagram.com/mama_taishitukaizen_food

 

でもやっぱり生肉や生魚を使ったほうがお安いんじゃ、、、

と思われる方もいらっしゃると思います。

 

チョコぷりん
チョコぷりん

私もそうでした〜。食費を少しでも節約するために、なるべく加工食品や冷凍ものは使わないようにしたりしたこともありました。

 

確かに。例えば、ひき肉をまとめ買いして→ハンバーグを大量に作って冷凍。

この方が食費は安くすむのですが、、、。

よく考えたんです。

ハンバーグって実はたくさんの工程があります。

  1. 玉ねぎをみじん切りにする。
  2. もう少し具材を入れたい場合はさらに切る工程が続きます。
  3. たねを捏ねる(フードプロセッサーという手もありますが、「FPを洗う」という工程が出ます。)
  4. 成形する。
  5. 焼く。
  6. ラップ等で包んで冷凍する

これにかける時間と手間。けっこう負担ではないでしょうか。

焼くにもガスを使いますしね。

そして、暑い(笑)

「どちらに価値を見いだせるか」といったところでしょうか。

食費の節約 VS ママの負担軽減

私 チョコぷりん個人の意見としましては、、、

ママの負担軽減にはこんなメリットがあると思ってます。
メリット① イライラが減る。【超重要】
メリット② 時間に余裕を持って子供と一緒に過ごせる。【超重要】
メリット③ あと一品作ればよいという余裕が生まれるので、野菜メインのおかず作りを頑張れる!
メリット④ 加工食品や冷凍食品(生肉や生魚より高い商品)を買うので、意外と買いすぎない。
(金額的には大した差になってない。)

 

ぜひ検討してみてくださいね!

 

夏野菜を夏の間にいただくことはとっても大切ですよね。

体を冷やしたり、利尿作用や発汗作用があったり。疲労回復に必要な栄養もたくさん持っています。

 

超簡単🍅夏野菜レシピ🍅

 

今回はその一部をご紹介させていただきました。

長い長い夏休み。ママたちの負担が少しでも軽くなる。

そんなお手伝いができれば幸いです。

くらし
チョコぷりんをフォローする
チョコぷりん

40代 小学生2人の母。完璧主義で繊細さん。
空を眺めることとコーヒーを飲んでいる時間が大好きです。
時間に縛られることが苦手。
現在の趣味は食について学ぶこと。子供と一緒に英語を学ぶこと。
教育にも興味あり。
笑顔あふれる家庭が増えることを願って、子育ての中で得た学びを発信中です。

チョコぷりんをフォローする
mamablog

コメント

タイトルとURLをコピーしました